-ロイノス - 情報機器を発展させ、エネルギーを大切にする 株式会社ロイノス
aHD-MTX88は8つのHDMI信号を入力し、その任意のいずれかを8つのHDMI端子のいずれにも出力できます。リモコン付き。本体のパネルでの操作も可能です。いわゆるハイビジョンマトリックススイッチです。フルハイビジョン、3D他の解像度に対応。株式会社ロイノスが輸入・販売いたします。現金代引き、銀行振り込みのいずれかでご購入いただけます。企業の方は見積り提出後の購入も可能です。
ホーム | ハイビジョン・AV機器 > HDMI 分配器・切替器・マトリクス・保護HDMIマトリックススイッチ 8入力8出力 フルハイビジョン,3D対応
商品詳細

HDMIマトリックススイッチ 8入力8出力 フルハイビジョン,3D対応[aHD-MTX88]

販売価格: 73,812円 (税込)
[この商品はご下命後に手配を開始します。] 重み: 3500g
aHD-MTX88は8つのHDMI信号を入力し、その任意のいずれかを8つのHDMI端子のいずれにも出力できます。どの出力にも、どの入力でも出すことができます。信号は付属のリモコンで簡単に自由に切り替えられます。本体のパネルでの操作やRS232、LAN経由の操作も可能です。分配器(スプリッター)と切替器(セレクタ)を同時に実現する、いわゆるハイビジョンマトリックススイッチです。フルハイビジョンと3D、それ以下のいろいろな解像度に対応しています。

【初めての方に】


【製品種類】
● aHD-MTX88W 1年間の故障保証 
● aHD-MTX8  初期不良2週間対応

【特徴】
● どの出力端子にも、任意の入力信号を出力させることができます。
● ひとつの入力を複数の出力端子に同時に出力させることができます。
● 入出力端子はHDMIコネクタです。
● ディスプレイからのEDIDを読みこみ、保存する機能があります。他の切り替えにつられて、切り替えには関係の無いチャンネルの振る舞いが乱れることを防ぎます。
● 出力の選択は付属の赤外リモコンやRS232でできます。
● フルハイビジョン1080P(36ビット処理可)、3D、1080i、720Pを含む解像度に対応しています。
● 赤外線リモコン付き
● 操作はパネル、リモコン、RS232およびイーサネットかの可能
● HDMI1.3
● HDCP対応
● この装置は HDMIアソシエーション アドブタのメンバーのメーカーの設計・製造によるものです。アドブタはHDMIの技術情報を的確に取得し設計製造に反映できる立場を有します。

【仕様】  
● 入力ビデオ信号  0.5〜1.0V p-p
● 入力DDC信号    5V p-p (TTL)
● 対応解像度    3D/ 1080P/1080i/720P/576P/480P/576i/480i
● オーディオ形式  DTS-HD、Dolby HD
● 出力ピデオ    HDMI 1.3  3D可
●遠隔操作      赤外線リモコン、RS232、LAN
●電源        ACアダプタ DC12V 3.8A
●消費電力      24W以下
●動作温度範囲    0 ℃ 〜 +35℃
●動作湿度範囲    5% 〜 90 % RH (結露なきこと)
●寸法(L-W-H)     436.9 x 211 x 44.5mm 
●重さ        2800g
仕様は予告なく変更する場合があります。重さと寸法には誤差が含まれます。

【納期】
在庫がある場合、正午までのご注文(振込の場合は入金確認)で当日発送。ただし土日祝日は除きます。

【付属品】
● 本体とラック取付用金具
● リモコン (リモコンの電池はCR2025使用、テスト用電池は付属しています)
● リモコン受信延長ケーブル
● RS232 ケーブル
● ACアダプタ 12V PSE対応
● ユーザーマニュアル
● ソフトウエアCD

【図説】
フロントパネル

1. 液晶表示器 出力ポートの状態を表示します。
2. 赤外線受信口
3. OUT1〜8とIN1〜8: 出力の選択用ボタン。最初に押すと出力ポートの選択で、次が対応させたい入力ポートとなります。
4. ALL:  すべての出力に同じ入力を出力させるためのボタン。まずALLを押し、つぎに入力の番号を押します。
5. LOCK: このボタン有効にするとすべての機能を変更不可にします。もう一度押すと解除されます。

リヤパネル

1. RS232 コネクタ
2. LAN ポート
3. HDMI 出力群
4. HDMI 入力群
5. Power: 電源スイッチ
6. IR extender: 赤外線延長ケーブル用コネクタ。38KHz専用
7. Power input: 12V ACアダプタを接続します。

【配線の概念と接続方法】

(1) マトリクススイッチのHDMI入力に信号源を接続してください。
(2) マトリクススイッチのHDMI出力にディスプレイ装置を接続してください。
(3) 必要ならば赤外線延長ケーブルを接続してください。
(4) 視聴したい信号源の電源を入れて下さい。(そうでないものは電源を切っておいてください。そうしないと妨害となります。)
(5) マトリクススイッチに電源を接続してください。
(6) マトリクススイッチの電源を入れて下さい。液晶表示のうごきが落ち着いたら動作準備完了です。
(7) 視聴したいディスプレイ装置の電源を入れて下さい。
(8) パネル、リモコンで映像選択をしてください。必要ならばRS232やLANを接続し、遠隔操作もおこなうことができます。

● LAN制御
TCP/IP経由でポートを指定してアクセスをし、GUI型のウインドウにコマンドを書き込みます。


● RS232制御
シリアルポート経由経由でターミナルソフトを利用してアクセスし、コマンドを書き込みます。


【使用上の注意 ケーブル長】
HDMIケーブル配線長が6mを越えて長くなると、画像と音声が正しく伝わっていても、制御信号は正しく伝わらない場合が発生しえます。その場合画像や音声がときどき断となったりして、まるで機器の故障のように見えるときがあります。HDMIが6mを越えるときは、安定した動作を得るためHDMI延長器をご使用ください。

【使用上の注意 電子機器一般論】
機器内部には低消費電力、高性能のCMOS集積回路を使用しています。接続する各機器のコンセントの場所によってはAC100Vの電圧の影響が表れることがあります(近くでモーターをつかった掃除機などを使っている場合は特に)。一般的に、その状態でHDMIケーブルを抜き差しすると半導体が壊れる可能性があります。これを避けるため各機器は出来るだけ近くのコンセントから電源を取るようにしてください。

【使用上の注意 接続方法】
●パソコンのHDMI端子との直接接続は推奨しません。stUSB3-HDMICVGA+a-HDMI352を使用し、正しく取り扱いができるHDMI信号に変換してからご使用ください。
●AVアンプは分配器を直結すると画像や音声がうまく伝えられない時があります。
※オーディオ分離器(aHDMI-AEX)の使用をお薦めします。


【接続環境】
●接続を前提としている機器接続
○家電のハイビジョンのプレーヤやレコーダ - 分配器/延長器 - テレビとテレビ
○家電のハイビジョンのプレーヤやレコーダ - 分配器/延長器 - プロジェクターとテレビ
○家電のハイビジョンのプレーヤやレコーダ - 分配器/延長器- PCモニター(解像度の手動設定が必要な場合あり)とテレビ
○マトリクススイッチのように多数の機器が接続される場合は、すべての入出力機器が、たとえば1920x1080P など一種類の画像解像度で動作するように手動設定しておくと見えないというトラブルの確率が減ります。

●接続を前提としていない機器接続について
○パソコンのHDMI端子との直接接続は推奨しません。stUSB3-HDMICやVGA+a-HDMI352を使用し、正しく取り扱いができるHDMI信号に変換してからご使用ください。
○パソコンに動画を取り込むキャプチャー用途は接続サポート対象外です。
○AVアンプは分配器を直結すると画像や音声がうまく伝えられない時があります。AVアンプで音を楽しみたい場合はオーディオ分離器(HDMI-AEXなど)でデジタル音声を分離してAVアンプに引き渡すことをお薦めします。
○その他の場合、HDMIは数秒に1度の頻度で接続している機器どうしがどのような解像度で映像を交換するかを常に通信し、判断を繰り返しているプラグアンドプレイであることを考慮し、機器同士の接続の有効性を判断するようにしてください。機器によってはプラグアンドプレイ機能を停止し、解像度を固定設定すると接続がうまくいくことがあります。

【ご注文について】
企業様で、ネットショップでは購入しにくい場合は弊社の営業でご注文を承ります。「お問い合わせ」よりご遠慮なく見積もりをご依頼下さい。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス